postheader 適切に与信する

お金に囲まれるビジネスマン

経営管理状態を調べて倒産予測がないかどうかをチェックするわけです。
少しでも不安な点が生じるようであれば、取引額を見直してその額を減らすことを検討する必要があります。
逆に原材料などの仕入れを多く行いたい時には、自社の与信を高く維持管理する必要があります。

相手にとって、取引が危険とみなされてしまうと、必要とする原材料を仕入れることができなくなってしまうためです。
万が一倒産予測が出たとしたら、取引停止の事態となる可能性もあるために、適切な経営管理が必要となります。
このように、倒産予測を避けて経営管理を行うことは、取引する企業がお互いに必要とすることがわかります。
そのために、適切な与信が常に必要とされることがわかります。

postheader 見直し

悩むサラリーマンとお札

銀行の場合には最近は保証の面で借りる側に有利な状況になっているため、銀行としてはいままで以上に企業の経営管理や将来の見通し、またその見通しから推測される倒産予測について細かい説明を要求します。
信用できるのはもはや企業自体しかないから与信を重要視します。

また企業が企業と取引を開始する際にも商品を出荷したものの代金の支払いがおこなわれないといった状況を避けるためにも与信をおこない、その企業の資力について確認するとともに将来的な資金計画を見て、取引できるかどうか、できるのであれば限度額はいくらか等を決定したりします。
また相手企業の経営管理についての考え方が厳しい見方をしているのか、甘い見方をしているのかによっても数値の変更幅が変わってきます。
企業としては相手企業の経営管理もするとともに、都度倒産予測を再計算して取引限度額の見直しをおこない不良債権が発生しないように管理します。

postheader 与信管理のコツ

万札を握る

与信とは、企業の経営状態の良さをアピールすることです。
金融機関や取引先に対して、取引する上で問題が無いという安心感を与えることにつながります。
適切な経営管理を行い、倒産予測を避ける目的があります。

通常、企業における取引では支払いは取引後しばらく経ってからということになります。
この時点ですでに、与信が前提となっていることになります。
つまり、信用がなければ後払いなどということはできないためです。
そしてその信頼度を上げるほどに、取引額も大きく増やすことが可能となります。
これはたとえば取引先との取引額を増やして売り上げを増加させるといった場合には、相手の与信調査が必要ということになります。

カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031